相続登記 及び 遺産整理(相続手続きまるごとおまかせパック)

相続登記(不動産の名義変更)

遺言書を遺された場合の相続登記

相続登記申請(名義変更) 6万円

上記に加え必要となります ※各種手続きには、印紙代・通信費などの
実費負担分があります

自筆証書遺言ならば遺言書検認手続き(家庭裁判所での手続き) 5万円
遺言書に遺言執行者の定めがなく遺言執行者を定める必要がある場合ならば遺言執行者選任申立手続き(家庭裁判所での手続き) 3万円

遺言書を遺されなかった場合の
相続登記

通常以下のすべてが必要となります。

法定相続人の確定(戸籍収集) 1万円
遺産分割協議書作成及び署名・捺印 2万円
相続登記申請(名義変更) 6万円

香西司法書士事務所では
お得なプランをご用意!

登記のみプラン
相続登記(名義変更)
6万円
遺産分割協議書と登記プラン
遺産分割協議書作成+相続登記
8万円
全てお任せプラン
法定相続人の確定(戸籍収集)+遺産分割協議書作成+相続登記(名義変更)
9万円

※相続登記については、1登記申請あたりの報酬です。

※各種手続きには、登録免許税などの実費負担分があります。 登録免許税は、不動産の固定資産評価額の×4/1,000
例:亡父名義の土地と建物の固定資産評価額の合計が5,000万円なら、登録免許税は20万円

遺産整理業務
(相続手続まるごとおまかせパック)

相続人の皆さまからの依頼により、
当事務所の司法書士が遺産管理人
(遺産整理業務受任者)として、
相続財産の承継に必要な手続を行います。
(※1)

具体的には、相続財産承継業務委任契約書(遺産整理委任契約)を締結させていただき、戸籍関係書類の取得・相続関係説明図の作成、相続財産の調査・目録の作成、遺産分割協議書の作成、相続財産の名義変更や換価処分・換金手続(不動産の相続登記、預貯金の解約・払出し、有価証券の名義変更・売却、不動産の売却等)、相続税の申告が必要な場合(※2)はご希望により税理士への依頼を代理・代行させていただきます。

(※1)司法書士法施行規則第31条において、司法書士の附帯業務として、相続人からの依頼に基づき、遺産管理人として遺産整理業務を業として行うことができる旨が定められております。(※2)相続税には基礎控除(3,000万円+法定相続人の数×600万円)がありますので、相続税の申告が必要なケースは全体の約5%程度です。


承継対象財産の価額 報酬額
500万円以下 25万円+消費税
500万円を超え5000万円以下 (価額の1.2%+19万円)+消費税
5000万円を超え1億円以下 (価額の1.0%+29万円)+消費税
1億円を超え3億円以下 (価額の0.7%+59万円)+消費税
3億円以上 (価額の0.4%+149万円)+消費税

※財産引渡時の財産の価額で計算します。
※戸籍謄本・登記事項証明書・固定資産評価証明書等の各種証明書の発行手数料、不動産登記の登録免許税、相続税の申告が必要な場合の税理士報酬等の諸費用は別途ご負担いただきます。

相続手続きまるごとおまかせパックとは

各手続先にお客さまご自身で出向かなければなりません。また、提出書類の作成や添付書類の収集も、ご自身でしなければなりませんし、専門的な知識も必要となります。

相続手続きまるごとおまかせパックなら
当事務所の司法書士が遺産管理人(遺産整理業務受任者)として窓口となり、提出書類の作成、添付書類の収集、書類の提出まで代行させていただきます。

当事務所にご依頼いただくメリット

信託銀行等が行っている遺産整理業務では、遺産分割協議書の作成や相続登記手続については司法書士や行政書士の報酬が別途必要となりますが、当事務所では、司法書士が遺産管理人(遺産整理業務受任者)として遺産整理業務を行いますので、遺産分割協議書の作成、不動産登記手続、裁判手続等についても、料金の範囲内で対応いたします。また、信託銀行等では最低料金が100万円(消費税別)となっているケースが多いですが、当事務所では25万円(消費税別)~となっておりますので、相続財産が多額でない場合でもご利用いただけます。